複層ガラスのご紹介 若林商店は大阪府高石市取石3丁目9-43で営業しています。TEL072-273-5591 FAX072-273-5595 MAIL wakabayashi@biscuit.ocn.ne.jp
若林商店
トップ>ガラス一覧>複層ガラス

blog

blog

RSS表示パーツ

複層ガラス、ペアガラスは若林商店へ ☎072-273-5591

複層ガラスの仕事内容 令和02年01月08日(水)更新

1枚のガラスにくらべて断熱効果は約2倍

若林商店では複層ガラス、ペアガラスをおすすめします。夏場はエアコンがなかなか冷えない、エアコンの電気代が高いなど省エネ効果を上げまた冬場は家の窓が結露する、窓から冷気が入って寒いなど今入っている窓ガラスを複層ガラス、ペアガラスに取り替えることで結露防止、断熱効果など様々な効果が期待できます。(防音効果はあまり期待できませんので音が気になる場合は防音複層ガラスがおすすめです。)若林商店では大阪府、高石市、堺市、和泉市、泉北、泉大津市、忠岡町、河内長野市、岸和田市、大阪狭山市、富田林市、泉北で仕事をしています。などで販売、施工業者の仕事をしています。周辺の皆様に安心して仕事を任せていただけるよう日々努力していきたいと思います。

複層ガラス

複層ガラスの種類

複層ガラス構造図
複層ガラス
ペアレックスは通常2枚の板ガラスをスペーサーにより一定間隔を保持し、周囲を封着材で密封して内部空気を常に乾燥状態に保った断熱性の高いガラスです。結露もしにくくカビの発生を防ぎます。
住宅用アタッチメント付き複層ガラス
現在ご使用中の住宅用アルミサッシに、1枚ガラスの要領で簡単に取り付けることのできる専用アタッチメントを付けた複層ガラスです。専用のアルミ製アタッチメントには、引き違い用とフィックス用があります。
遮熱複層ガラス
室外側ガラスの中空層側に特殊金属膜(Low-E膜)をコーティングした板ガラスを使用することで遮熱性と断熱性を兼ね備えた複層ガラスです。夏のギラギラした太陽の日射熱を抑え、冬の室内暖房熱を逃がさないため、夏涼しく、冬暖かい快適な室内環境をつくります。
防音複層ガラス

室外からいやおうなしに室内に侵入してくる自動車などの騒音。さらに、室内から外に漏れるステレオなどの音。快適な室内環境をつくるためには、そうした生活騒音を入れない、そして出さないことが大切です。ペアレックスソネスは、防音性能を重視したニュータイプの複層ガラスです。異なる厚さのガラスで構成され、その中空層にガスを封入し、より防音性能を高めました。もちろん、このガスは無色透明、無臭無害です。ペアレックスソネスは、静かで快適な室内環境をつくります。

複層ガラスのすぐれた断熱効果

複層ガラス1

複層ガラスは2枚の板ガラスの中間につくられた中空層によって熱が伝わりにくくなり、大きな断熱効果が得られます。たとえば、12ミリ厚(板ガラス3ミリ+中空層6ミリ+板ガラス3ミリ)と18ミリ厚(板ガラス3ミリ+中空層12ミリ+板ガラス3ミリ)の複層ガラスは3ミリ厚1枚にくらべ、熱の逃げる量はそれぞれ57%、50%になります。つまり、約2倍もの断熱性をもっていることになります。この性能によって、より大きな省エネルギー効果が得られます。

複層ガラスが快適空間をつくりだす

複層ガラス2

冬、暖房をしているのに、窓際では顔や手など素肌が冷たく感じることがあります。これを冷輻射といいます。複層ガラスなら、外側の板ガラスが冷えきっても、中間の空気層の効果によって冷気が内側に伝わりにくくなります。そのため冷輻射は減少し、不快感が少なくなります。

複層ガラスの施工方法

アタッチメント付き複層ガラス

今ついているサッシのガラス(単板ガラス)を入れ替えます。既存のサッシ枠をそのまま使うのでガラスのみペアガラス、複層ガラスの交換になります。(アタッチメント付)